スウェーデンハウス 坪単価

家を建てるにあたって、値引きというのは重要なポイントになってきます。たくさんのハウジングメーカーの中から、どうやって選べばいいか、と迷ってしまいますが、夢のマイホームを建てるわけですから、出来るだけいい家に住みたいものです。

 

 

ただ、予算にも上限がありますので、そこで期待したいのが、値引きです。どれくらい実際に値引きしてもらえるかで、どのあたりのものまで、検討にいれていいかも、代ってきます。

 

 

ただ、スウェーデンハウスについて言うと、値引きというのは、デフォルトで期待をしないほうがよいといってよいでしょう。

 

 

このスウェーデンハウスというのは、その名前の通り、北欧の寒い地域で培われた技術を、日本の住宅に提供しているハウジングメーカーです。こういった北欧の家づくりを日本に最初に紹介したハウジングメーカーとしても知られています。

 

 

高気密・高断熱住宅の先駆者的存在となっています。歴史的には、1984年にトーモク、三菱地所、北海道製鐵の3社合資によりスウェーデンハウスが設立されました。

 

 

その後も、20年以上前から一貫して高気密・高断熱住宅を売りにしてきています。そのため、高性能、そして高価格な家ということになっています。

 

 

坪単価としてみると、施工例では、80万円から100万円といった単価のものも多いようです。

 

 

実際、値引きというのは、ハウジングメーカーの中でも、対応のし方が分かれてくるところですが、基本的に、高い坪単価がベースとなっているような高級路線のハウジングメーカーというのは、高いオプションをつけることで、そこから値引、というような傾向があるようです。

 

 

高い断熱性と輸入住宅にあこがれる方にとっては、スウェーデンハウスはとても魅力的なハウスメーカーだと思いますが、価格として見たときには、値下げをするよりも、高値をブランドとして掲げているハウジングメーカーですので、あまり大きな値下げは期待できないように見受けられます。

続きを読む≫ 2014/12/15 14:05:15

マイホームを建てる際、ハウジングメーカーによって、価格帯も大きく変わってきます。予算にも上限がありますし、ローン条件との兼ね合いもありますので、そういった点を踏まえながら、どのハウジングメーカーにするか、というところが、大きな選択になってきます。

 

 

こういったなかで、高いハウジングメーカーといえば、大手ハウジングメーカー、たとえば積水や三井かと思いますが、それ以上に高い坪単価となっているハウジングメーカーがあります。それが、スウェーデンハウスです。

 

 

実際、スウェーデンハウスの平均坪単価は80~90万円/坪程度と言われています。これは、他のハウジングメーカーの坪単価と比較してみると、スウェーデンハウスは本当に高い単価だということがわかってきます。

 

 

たとえば、先ほど挙げた積水や三井を含めた、大手ハウジングメーカーの坪単価平均だとしても、だいたい坪単価70万円半ばという程度です。

 

 

こう考えると、スウェーデンハウスというのは、なかなか敷居の高いハウジングメーカーといえそうです。ただ、こういったスウェーデンハウスにおいても、スウェーデンハウスの中で、アルムというシリーズは、若干低い価格の範囲での商品設計も可能なようです。

 

 

スウェーデンハウスのアルムであれば、坪単価60万円、70万円といったラインの数字も出ています。ただ、こういった坪単価というのは、最初の見積りで出てくる数字を基準とするか、実際にその後にかかってくる工事なども含めるかによって、だいぶ違いがあるという事も注意が必要です。

 

 

実際に施工を始めるとなると、外部の給排水・電気工事、さらにはオプションについての費用や、諸手続きにかかる費用などを含めてくると、最終的な支払金額は上がることが想定されますので、アルムであったとしても、やはり60万円台で納めるのは難しいといえるでしょう。

 

 

実際、スウェーデンハウスにおいては、その価格も、ブランドイメージの一部となっているといってもよさそうです。

続きを読む≫ 2014/12/15 14:03:15

マイホームを、しかも平屋で建てたいと思うと、かなりのコストがかかるというのが実情です。そもそも、平屋というのは、2,3階建の家よりも、どうしても単価が高くなってきます。というのも、平屋の方が屋根などの面積が大きくなります。そして、こういった部分については、より建築コストがかかるといわれている為です。

 

 

なので、こういった平屋を、大手のハウジングメーカーで建てると、本当にすごい単価がでてきてしまったりします。

 

 

こういった中で、大手ハウジングメーカーよりも、更に高い坪単価だといわれているのが、スウェーデンハウスとなってきます。

 

 

スウェーデンハウスというのは、その名前の通り、北欧の寒い地域で培われた技術もったハウジングメーカーで、こういった北欧の家づくりを日本に最初に紹介したハウジングメーカーだと言われています。

 

 

スウェーデンハウスは北欧の寒い地域で培われた技術を駆使した、高気密・高断熱住宅の先駆者的存在となっているともいえ、日本の住宅に提供しているハウジングメーカーです。

 

 

1984年にトーモク、三菱地所、北海道製鐵の3社合資によりスウェーデンハウスが設立されました。その後も、20年以上前から一貫して高気密・高断熱住宅を売りにしてきています。

 

 

その為、このスウェーデンハウスというのは、北欧の家の高級ブランドとなっており、その価格帯としても、かなり高くなっています。ある意味、この価格の高さ自体が、ブランド力となっているといっても過言ではないといえます。

 

 

ローコストで家を建てることが人気だった時期には、平屋は人気がさがっていましたが、最近ではローコストハウジングメーカーからも、安い平屋の商品というのが、出てくるようになってきました。

 

 

しかし、スウェーデンハウスの平屋は、坪単価としてみると、80万円台から100万円台にのるような事例もあるようです。平屋以外の住居の価格帯としても、70万円台が最低価格帯という相場となるため、平屋はさらに高い価格帯だということができるでしょう。

続きを読む≫ 2014/12/15 14:01:15

マイホームとなると、価格帯というのは重要なポイントとなります。特に坪単価は、違ったハウジングメーカー同士を比較するにも、とても有用なものになります。

 

 

実際、3階建てを建てる際でも、ハウジングメーカーによって、価格帯も大きく変わってきます。かつては、最近は、安い3階建てを建てるローコストのハウジングメーカーも増えています。

 

 

坪単価40万円弱でも、3階建てを建てられるような商品もでていますが、スウェーデンハウスの3階建の坪単価は、かなり高く、70万円台から、というのが相場になるようです。つまりは、高い3階建てを望むのであれば、スウェーデンハウスが検討に挙がってくるかと思います。

 

 

このスウェーデンハウスというのは、その名前の通り、北欧の寒い地域で培われた技術を、日本の住宅に提供しているハウジングメーカー、そして、こういった北欧の家づくりを日本に最初に紹介したハウジングメーカーとなります。

 

 

1984年にトーモク、三菱地所、北海道製鐵の3社合資によりスウェーデンハウスが設立されました。そして、それから20年以上前から一貫して高気密・高断熱住宅を売りにしてきているという背景をもったハウジングメーカーです。

 

 

その為、このスウェーデンハウスというのは、北欧の家の高級ブランドとなっており、その価格帯としても、かなり高くなっています。

 

 

そのため、スウェーデンハウス、高級感のある、ブランドのある、3階建て家を求める方にとって、ふさわしいハウジングメーカーだといえます。

 

 

実際、予算にも上限がありますし、ローン条件との兼ね合いもありますので、そういった点を踏まえながらの3階建を検討する方であれば、別のハウジングメーカーとも比較してみるのがよいでしょう。

 

 

実際、スウェーデンハウスの「ブランドイメージ」というものにはバリューもありますが、そこに重きを置かなければ、他のハウジングメーカーでも十分にスペックの高い3階建は実現可能だったりします。

続きを読む≫ 2014/12/15 13:59:15

マイホームを建てるにあたって、どうやって選べばいいか、と迷ってしまいます。いろいろなハウジングメーカーのホームページはありますが、そこに載っているものだけだと、どれもよく見えてしまったりします。また写真もきれいなものばかりですので、実感的なところがわからない、ということもあるでしょう。

 

 

こういったときには、インターネットなどで、口コミや評判というのを見てみるのも、参考になるものです

 

 

こういった中で、スウェーデンハウスですが、住み心地はやはりよいようです。高断熱をうりにしているハウジングメーカーはほかにもありますが、スウェーデンハウスは違った、というような評判もあります。冬であっても、スウェーデンハウスのモデルハウスに行ってみたら、床が全然冷たくなかった、という事も聞かれます。

 

 

また、営業さんの評判も、よいようです。スウェーデンハウスの営業さんは、とてもしっかりしていて、自社の売りや、細かいところの説明もきちんとできるということで評判があります。そのため、実際に予算がどれだけあるか、という事を含めて、相談ベースで交渉をしてみるのも、一つの方法ではないかと思います。

 

 

スウェーデンハウスというのは、北欧の寒い地域で培われた技術を、日本の住宅に提供しているハウジングメーカーですが、その技術力と、ネームバリューが高いというところがあるでしょう。よって、スウェーデンハウスというのは、北欧の家の高級ブランドとなっており、その価格帯としても、かなり高くなっています。

 

 

その為、価格が高いということは、ある意味悪い評判にもなっています。実際、同じスペックで、別のハウジングメーカーで建てた場合には、多少安くなるという見解もあります。

 

 

ただ、長い間、スウェーデンハウスは北欧の寒い地域で培われた技術を駆使した、高気密・高断熱住宅を提供することを、主軸にしてきたハウジングメーカーですので、家を実際に立てた方の満足度は高いようです。

続きを読む≫ 2014/12/15 13:57:15